カテゴリー別アーカイブ: 本のレビュー

FCバルセロナに学ぶ勝つチームに欠かせない3つのタイプ〜世界で唯一ユニセフのロゴが入ったユニホームの理由〜



皆さん、こんばんはカワダです。
今回は最近読んだ本の中でも面白かった「ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~」をご紹介します。
サッカーやスポーツ好き&ビジネスに興味がある方には、がっちりハマる本だと思います。
あくまでもビジネスを起点として語られているので、サッカーの話題が読み手を飽きさせないスパイスになっています。

まずは、著者と本の概要についてです。(Amazon抜粋)
■著者について
フェラン・ソリアーノ(Ferran Soriano)
1967年バルセロナ生まれ。2003年から2008年まで、サッカースペインリーグ・FCバルセロナの最高責任者である副会長を務めた。現在ではスペインで2番目に大きな航空会社、スパンエア社の会長を務めている。
ビジネス研究に関して学位とMBAを取得。起業家、コンサルタントとして、ヨーロッパやアメリカなど10カ国以上において、消費者産業界、電気通信業界、エンターテイメント業界で活躍した。講演活動及び、ビジネスやサッカー雑誌、新聞に数多くの記事を提供している。

■内容紹介
2008年5月21日モスクワのルジニキ・スタジアム。マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーのチャンピオンズリーグ決勝戦がおこなわれた。
決めれば勝利するPK(ペナルティーキック)をチェルシーのジョン・テリーが足を滑らせて外し、結果としてチェルシーは敗れる。優勝はチェルシーのすぐ手の届くところに、しかもチームを象徴する選手の足元にあった。しかしクラブに対して誰よりも思い入れの強いテリー自身のその足が、最悪のタイミングで彼を裏切った。こうしてチェルシーは、タイトルと約3000万ユーロを一瞬にして失ったのだった。
ジョン・テリーがあのPKを外したのはただの不運だったと言い切れるだろうか?
もしかしたら、あのミスの裏にも何らかの論理があったのではないだろうか?

規模の大小にかかわらず、あなたがビジネスで成功を収めようと思うなら、まずは物事の裏にある論理を理解することは必要である。基本や原点に立ち返り、需要と供給あるいは競合相手との関係など、現行の論理をすべて再考してみるのだ。新しい視点から現状を捉えて分析し、新製品や新しいサービスを提供したり、新解釈に基づいた新しいビジネス形態を提案したりすることができれば、事業は素晴らしい改革と前進を遂げる。
本書では、我々FCバルセロナや世界の強豪サッカークラブの経営者たちが用いている経営理論について述べる。
併せて、それらの実践方法やその成果、そして他のチームがなし得なかった我々FCバルセロナの成功の理由についても具体的に説明する。この本を読んで読者の皆さんに「ゴールは偶然の産物ではない」と確信してもらえたら本望である。

次にそれでは私が印象に残った部分をピックアップしていきたいと思います。
■業界を知る
あなたは、ジャングルを探検するときどのような構成の部隊にするか?
・リーダーシップが取れる人物 ・調整役 ・見張り番 ・物流担当
他にもいろいろ挙げられると思うが、この中には正解がない。

実は最も重要なのは、「ジャングルを選ぶ人物」である。
地形や気候、原住民の性格や動物の生態など要素を勘案して、どこへ行くかを見定め判断を下す人こそ探検の成功を左右するメンバーが最も欠かせないメンバーだ。

これをビジネスに置き換えると、潜在的な顧客のニーズを知り、競合相手は誰か、どの点で競合しているのか?、現在そして将来の市場規模はどれくらいなのか?
顧客がどんな商品を購入するかではなく、顧客の欲求を満たすための究極的なニーズを理解することが大事。(商品やサービスを中心に据えずに、より顧客の深い心の部分に対する理解を深める)

■チームに欠かせない3つのタイプ
「先見者」
チームの中で将来を見据え、他の誰よりも早くどこへ行くべきかを洞察し、たどり着く積極的な姿勢と能力を持っている。
このタイプは組織の「使命」の先導者であり、現実のものとするために時には正統な論理だけに追従せず、自らの論拠のもと直感的に飛躍する。
先見者は熱意と勇気という2つの特性を持ち、大胆かつ実現可能な夢を描く人物である。
ex)起業家や政治家。サッカーで例えるなら、フォワードもしくは攻撃的なミッドフィルダー。

「ノー博士」
「ノー」と言える人であり、先見者の計画にストップをかける、提案は実行不可能だと先見者に告げる役割。
ノー博士は先見者とは対極にいて冷静な分析、現実的な将来の見通しという特性がある。
ex)サッカーで例えるなら、守備的なポジション。

「実行家」
物事を実行に移す人を言い、チームにバランスをもたらす。先見者とノー博士が意見を戦わせたあと、実行家はその決定を受けて、目標に到達するための最善の方法を考える。
実行家には気力や忍耐力、自己犠牲の精神、精力的な働きが求められる。
彼らは先見者やノー博士にどれくらいの猶予を与えるべきかを把握している。
ex)サッカーで例えるなら、ピッチ上の監督であり守備的ミッドフィルダー。

私が個人的に、この3つのタイプを兼ね備えている人物として一番近いと思うのがApple創業者の「スティーブ・ジョブズ」です。

彼のように壮大なビジョンを掲げて(先見者)、「Say No to 1,000 things -1,000のことにノーと言え」(ノー博士)、Apple社を時価総額一位にした(実行家)人物としてジョブズの功績は素晴らしいと心から尊敬できます。

本書では、組織を形成する上において「先見者」・「ノー博士」・「実行家」を上手く組み合わせることが重要だと述べています。

■イノベーションの概念
イノベーションとは、新製品を作ることではなく、新しい消費者ニーズを見つけ、それを満たすこと。
イノベーションを生む人とは、いちばん最初に何かをする人のことではなく、最初に消費者に到達することができて、しかもその商品が最高のソリューションだと消費者を説得できる先駆者のことを指す。

■FCバルセロナのユニホームに企業スポンサーのロゴがない理由
最後に私が最も共感したのがこの話です。
ここで皆さんに質問です。今までバルセロナのユニホームのロゴ部分に注目したことはありますか?
意外と知られていませんが、他のチームにはない大きな特徴があります。

FCバルセロナは創立以来、「単なるサッカークラブ以上の存在(more than a club)」というスローガンを掲げ、オーナー企業がなく、ソシオと呼ばれる会員制のビジネスモデルによって運営されています。

ソシオになると、4年に一度行われるバルサの会長選挙へ投票する権利を得られ、 年に一度開催される総会に参加できる可能性が得られるというまさに市民参加型のクラブチームなのです。

皆さんもご存知のように、プロのサッカーチームのほとんどが選手のユニホームに企業ロゴをつけています。
しかし、FCバルセロナの球団経営陣はこの従来の発想を転換させて、自分たちがスポンサーとなりユニホームにユニセフのロゴを入れました。

*現在、バルセロナはユニセフと同じ場所にカタール財団とスポンサー契約を結んでしまいました。残念..

クラブチームを地域や住民と同一視するのは、サッカーというスポーツに見られる特徴でもありますね。

FCバルセロナのホーム、カタルーニャの人々の代表であり誇りをソシオという会員制のビジネスやユニセフのロゴ入りユニホームで表す球団の姿勢が世界最強のサッカー軍団の強さに繋がっていると言えるのではないでしょうか。

広告

コメントする

カテゴリー: ビジネス, 本のレビュー

旅×サッカーで体験を共有:「世界一蹴の旅」新しい自遊人という生き方

皆さん、こんばんは。
ブログを書くことで日常の生活にも徐々に変化が生まれ始めているカワダです。(これについては後日書きたいと思います。)

今日ご紹介するのは、自遊人という生き方です。
このテーマを選んだ理由は、①終身雇用という従来の生き方の崩壊②ソーシャルメディアの普及によって、今後「個人の情報発信力」が問われる時代になるという私の考えと自遊人という生き方が非常にリンクすると感じたからです。

まず自遊人についてですが、クローズドな企業内社会で出世する術を身に付けるのではなく、開かれたマーケットで「個」で勝負できるスキルを探求することだと定義されています。

その生き方を実際に提唱して体現していらっしゃるのが、アシシ@4JPN こと村上 敦伺さんとヨモケン@yomoken2002こと四方 健太郎さんのお二人です。
そして、このお二人が書かれた本が「世界一蹴の旅 サッカーワールドカップ出場32カ国周遊記」というタイトルでお二人のプロフィールをAmazonから抜粋しました。(※ご本人にブログ掲載了承済みです)

著者について
2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)を共に現地観戦したアシシ(村上敦伺・1977年生)とヨモケン(四方健太郎・1979年生)。経営コンサルタントとして働く2人は2008年に仕事先の上海で再会、毎週のように飲みに行きながら、今後の人生を語り合った。「W杯に出場する32カ国全てを巡る旅とか、面白そうじゃない?」アイデアは「世界一蹴の旅」という形に結実した。現地レポートはブログ「世界一蹴の旅」(http://ameblo.jp/libero2010/)で更新中。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
村上 敦伺
1977年生まれ、北海道出身。大学卒業後、外資系コンサルティング会社に入社。6年勤めた後、ドイツワールドカップ(W杯)現地観戦を理由に退職し、電撃引退した中田英寿の影響を受け旅人デビュー。2006年から自称「自遊人」として半年仕事・半年旅人のライフスタイルを確立。旅に出ていない間はフリーランスのコンサルタント、ビジネス研修の講師として活躍中

四方 健太郎
1979年生まれ、神奈川県出身。1998年、大学入学直後に日本代表とともに初めてW杯(フランス大会)を体験。2002年、日韓W杯を楽しみ尽くし、同年、外資系コンサルティング会社に入社。2006年のドイツW杯を現地観戦後、同社の中国オフィスへ転籍。現在はフリーランスのコンサルタント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「今日におけるサッカー不人気の現状を打破したい」という問題意識のもとスタートした企画だそうで、自己満足の旅で終わりにするのではなく体験を共有するという根本に流れる想いに多くの人が共感している素晴らしい活動だなぁと感じました。

私がなぜ自遊人に興味を持ったかという理由とその経緯についてですが、現在の日本は従来の働き方の型を見失いどうしたら良いのか迷っていると感じるからです。
そんな中で仕事=目的ではなく、仕事=手段で自由な時間を確保するためという考えのもとに長きに渡り非常に面白く多くの人を惹きつける情報発信をし続けているお二人に注目するようになったのです。

去年の南アフリカW杯、現地の最前線でTwitterからアシシさんが画像付きで観戦状況をつぶやいていたのがきっかけとなり、遠く離れた国でリアルタイムで同じ体験を共有するという私自身本当の意味でTwitterの面白さを味わったといえます。

ここから皆さんに耳より情報です!
そんなアシシさんが、(8月7日夜代々木開催)現地の生の声をたっぷりと届けてくれる「なでしこ観戦旅の帰国報告会」を実施してくれるそうです。
なんと!!!そして今回は、とてつもない質と量のお土産を用意しています!(・∀・)とのことで、こちらも非常に楽しみです。

※ちなみにカワダも参加予定なので、ぜひ行きたい方いたら一緒に行きませんか~?

詳細はこちら⇒http://atsushi2010.com/archives/1062

最後に、私は良い意味で会社には依存しない働き方そして生き方をしたいと特に最近強く思っています。
そのために個として自分を表現できる人になるべくツールとしてブログやソーシャルメディアを始め、何かに特化して共感者を集められるようになるために自分を磨いていくための訓練をしています。

このブログも私の意見をただ一方的に投げ掛けるのではなく、共にソーシャル時代の新しい生き方を考えていこうと思っていただける方々と一緒に成長するためにブログを書くというスタンスでやっていければと思っています。

■今日の名言
専門学校HAL
「ムリだ」と笑うヤツを笑え

コメントする

カテゴリー: 大学生活, 本のレビュー

祝!なでしこ 『学問のすすめ』は古臭い本?

皆さん、こんばんは。
やりましたね☆なでしこジャパン優勝~わっしょい!!

私は正直女子サッカーの試合をしっかりと見たのはこれが初めてでしたが、良い意味で自分の女子サッカーに対するイメージは覆り展開のスピードやボディコンタクトの激しさには驚きました。

そんな私がテレビ観戦を通じて最も印象に残った点は、PKが始まる前の円陣でスタッフ含め日本チームが心から楽しんで笑っていたことです。
あの状況で緊張をほぐすために無理して作り笑顔をしたようには私の目には映りませんでした。
皆さんも感じていたかもしれませんが、逆に見ている私たちの方が逆に拍子抜けしてしまいましたね…w

それと同時に「心から楽しむには前段階として徹底した準備が必要」であるということも改めて学びました。
アテネ五輪ベスト8⇒北京五輪ベスト4と着実にステップアップして、昨日より今日の自分が確実に成長するために準備をしてきたというその過程にこそ私たちが目を向けるべきところなのではと感じました。

乙武洋匡さん@h_ototakeのツイートが非常に心に残ったのでシェアさせていただきます。
今日僕らが得た感動は、彼女たちが失った多くのものに支えられているのだということを、僕らはもっと知っておく必要がある。そこを忘れたまま、また次の感動に飛びつく、いわゆる「感動のいいとこどり」をしてきたから、競技者ないし文化の継承者は、ある意味“搾取”されてきた。

私はやっぱり自分自身の体験で感動したいし、感動を与えられる人でありたい!と強く思いました。

それでは今更感がありますが…本の紹介をしますw
今日は言わずと知れた名著「学問のすすめ 現代語訳」です。

この本は「声に出して読みたい日本語」の著者である斎藤孝さんが読みやすい形で翻訳したものです。
読む前は何か堅苦しいイメージがありましたが、実際にはスラスラと読めてしまうので抵抗感は一切ありませんでした。

タイトルから「勉強がいかに大切か」という説教じみた内容かと思いきや、国民と国家の関係性や判断力の鍛え方など実際の生活に役に立つ考えが詰まっています。

また、斎藤孝さんは終わりにこう述べています。
終身雇用という生き方の型を失った現代では、心を安定させて生きていくことが一層大切になっている。そのためには社会と自分との関係をしっかりと捉えて客観的に物事を判断できる能力を身につけた方が良い。

これからの時代の生き方や普遍的な物の見方とは何かを考えるには最高の本だと思います。

■今日の名言■
出川哲郎 「一生懸命頑張っていれば必ず誰かが見ててくれる」

コメントする

カテゴリー: 本のレビュー

「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」を読んで~本は人の人生に影響を及ぼす~

皆さんこんばんは!
今日はTBSが音楽の日というめちゃ長い生放送の番組をやっていますね。
やっぱり生放送×Twitterの相性は抜群!あとはスポーツでは、サッカーW杯時に1秒当たり3085件のツイートが飛び交って世界記録を更新しましたのも記憶に新しいですね。

SMAPの中居くんが司会ですが、個人的には来週の27時間テレビでナイナイと共に司会の27時間テレビが楽しみ♪

今日は私が影響を受けた本について紹介したいと思います。
辻野晃一郎さんの「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」です。

この本に関して当初はタイトルから連想してSONYとGoogleの比較本というイメージを抱いていました。
が、しかし!!その中身は…

①SONYそして日本のエレクトロニクス産業を世界トップレベルに導いた盛田昭夫さんについて
②日本の製造業が抱える課題とIT業界が世界と対抗するには何が必要か
という二点に辻野さんの強いメッセージ性を感じました。

その中でも特に印象に残ったのは、オフラインの時代からオンラインへと時代が転換する上でAppleのように商品をタイムリーに出して、「走りながら修復する」という考え方が必要であるという部分です。
製造業で成長してきた日本にとっては、完璧な状態でなければ商品を市場に出せないという考えを今後も引きずっているとAppleのようなスピード感がある企業に一気にマーケットシェアを取られるということ。

今後の日本のIT業界の展望については、今までの日本人はプレイヤーとして奔走してきた。しかしこれからの日本人は、知恵を使い自らアジェンダとルールを生み出し、多くの人が集まってプレイするフィールドを作る側に回ることが求められると書かれています。

ゲーム業界を見てもコンテンツだけを提供してきた企業は合併や統合を繰り返したのと対照的に、imodeの成功の理由はdocomoがコンテンツ会社に口を出さずにあくまでもプラットフォームに注力したことだと言われています。

私は何よりもこの本を読んで、製造業は「やることのリスク」を考えて経営をする。ネット企業は「やらないことをリスク」と考えて経営をするという言葉に出逢い魅力を感じて、そこから自分の理想とする働き方を見つけることができました。

本が人の人生に影響を及ぼすなんてことは大げさだと思っていましたが、実際にはあるということを身をもって感じることができましたw

コメントする

カテゴリー: インターネット全般, ビジネス, 本のレビュー