カテゴリー別アーカイブ: 思考の整理

Facebookと企業の向き合い方について考える


今回は昨日ソーシャルメディアに関する自主勉強会に参加したので、そこで得た学びのアウトプットの場を兼ねて「ソーシャルメディア(Facebook)の普及によって、マーケティングがどう変化するのか?」について書きます。

社会人講師は、株式会社メンバーズの原 裕 様・川田 学 様のお二方でした。

テーマは、「マーケティングの本質とFacebookを代表とするソーシャルメディアの普及による、企業と消費者との関係の変化」についてです。

それでは具体的な内容に入っていきます。(お二人にお話いただいた内容+私の解釈も含まれています。)

■1.Facebookの概要と特徴
Facebookの最大の特徴は実名のSNSであること、そして人を介在した形で情報が流通することがマーケティングを大きく変える。

そしてFacebookを活用する上においては、まず第一に創業者であるマーク・ザッカーバーグのFacebookへの想いや背景を理解することが重要である。
彼は「コネクトとシェアで世の中をオープンに」をミッション=神から降りてきた啓示だと捉えている。

次にFacebookと従来のSNSの違いは、必ずしも欧米主導ではなくインドネシア、タイなどアジア圏の利用者数が非常に多い。
つまり、Facebookは「海外マーケティングにおける玄関口」
となり得る。
また、アジアではPCを持っていない環境の国もありスマートフォンを使用してサイトへアクセスすることもある。

日本においてのFacebookの位置づけの1つの見方として、年齢層を分けないメディア
であること。
ex)今までは日経新聞ぐらいしか全世代のビジネスパーソンにリーチできなかったが、Facebookは30、40代のビジネスユーザーが実名制で繋がっている

そして、さらに押さえておきたい特徴がストック型のコミュニケーションである。
それに対して、フロー型の具体例はCM(15〜30秒に全てを懸ける)を挙げた。
さらにCMの衰退の原因は、TVというマスメディアで幅広い層にアプローチできる分、万人に受けようとするから結果的に面白くないコンテンツが多くなってしまったこと。

フロー型のCMと比較して、ソーシャルメディアは自分が見てなくても誰かが見ているため他の人が共有した情報を後からでも知ることができる。

■2.Facebookの企業の活用目的と用途
Facebookは運用が最も重要→用途は、顧客との長期的な関係構築に適しており、広告宣伝的に捉えると失敗する。
そもそも、Facebookをキャンペーンorコミュニティの構築どちらで使用するのかという目的を明確にする必要がある。

とりあえず、流れに乗っかってFacebookというツールを選択しても上手く行かず、プロダクトに特徴やメッセージ性があることが活用における前提条件。

もし今後Facebookがなくなったとしても、5年、10年先を見据えて顧客との関係を構築してファンになってもらうことを目的とするFacebook的なコミュニケーションはなくならない。

余談ではあるが、今話題のmixiページについて原様の見解をお伺いした。
結論としては、mixiページは単発キャンペーンに適していると述べた。

mixi=井戸端会議(日本型で日本人のキャラに合った)であり、企業がそこにブランディングがどうたらと言って入っても上手く行かない。
カワイイとか格好良い!という切り口でmixiページを構築することがキーポイントになるのではないか。

■3.Facebook・ソーシャルメディア時代の企業の消費者に対する向き合い方
今ままでのマーケティング=お客さん思考と言いつつ、結局は代理店思考だった。
瞬間風速的ないいね!数1000突破などに意味はなく、そこからいかに消費者と関係を構築するかを考えることが大切。
SEO、エッジランクを上げる→この取り組みは本質的な部分ではなく、あくまでサポート的な要素が強い。

これからは「ファンの流儀を保てるか」が非常に重要になってくる。
Facebookを使用したマーケティングの本質は、手作り感が見えるかどうか、そして中の担当者のパーソナリティを隠さずにオープンにすることが求められる。
ex)質問自体もコンテンツ化する、リサーチがコミュニティになり得る、業務連絡すらコミュニティの中でやる

消費者の声に耳を傾け、企業活動に積極的に参加してもらう意味でも「傾聴」がキーワードになる。

そして今後のマーケティングコンセプトはまさに、「共創」である。
好事例として、コカコーラの”fans first” approachは非常に参考になる。

エンゲージメントという言葉が最近頻繁に使用されるようになってきたが、この言葉をしっかりと理解する必要がある。
ロイアリティよりもさらに深い意味だと考えており、双方向なコミュニケーションである。

最後に、今までのインターネットマーケティングはテクニック重視、これからはヒューマンの要素を盛り込んだものになることを示唆した。

■カワダの学び
最近、内定先企業でインターンシップを始めることもありFacebookに代表されるソーシャルメディアを活用することで企業は消費者とどう向き合い、関係を構築するのかについて考える機会が増えました。
その中で感じるのが、以前と比較してネットでのコミュニケーションを行う上で相手の顔が見えやすくなったということです。

別の言葉で言い換えると、一人ひとりと向き合う感覚をソーシャルメディアを活用するユーザーが手に入れたと感じるのです。

何かこれを示す良い表現はないか?と考え、今自分の中で最も近い答えとして「糸電話的なコミュニケーション」という言葉が浮かんできました。

糸電話は文字通り、糸を伝って人の声が相手に届くというアナログのツールです。
ここで私が思う糸電話とソーシャルメディアの共通点として、壊れやすい・声の届く範囲が限定的(ソーシャルメディアの場合、ターゲットを限定できる)
という二点を挙げてみます。

まず1つめの「壊れやすい」を信頼関係と結びつけて考えてみたいと思います。
糸電話は、糸という性質上もろく簡単に切れてしまうものでお互いを繋いでいます。
無理に引っ張ったりすると壊れてしまう、けれども小さい頃に糸電話で遊んでいた時のことを思い出すと「人の声の暖かみを感じる」ことができると言えるのではないでしょうか?

ソーシャルメディア(特にFacebook)もたった一言で相手との関係を崩壊させてしまうリスクがある一方で、従来のネット上のコミュニケーションにはない実名制から生まれる暖かみを感じることができると私は思います。

そして、2つめの「声の届く範囲が限定的」に関して、糸電話についてはすぐ理解してもらえると思います。
確かにTwitterなどはオープンな場と捉えられると思います。
しかしここで私が個人的に注目しているのが、Facebookのファンページのようなクローズドなコミュニティです。

企業はクローズドな場を活用することで、今までのマス広告のようにぼやけたメッセージを伝えるのではなくて、むしろファンの人たちにしかわからない言葉や感覚でコミュニケーションが図れるという魅力があると感じます。

いわゆる、これは「ブランドの持つ世界観」とも言えるかもしれません。

ソーシャルメディア=オープンというイメージが私の中にはありましたが、この勉強会を通じてFacebookファンページのようにあえてメッセージを伝える範囲を限定して「わかる人にだけ伝われば良い」という考え方で取り組むのも非常に面白いのではないかという新たな視点を見つけることができました。

正直まだ自分でもモヤモヤ感が残りますが、一度自分の考えを整理してわかっていない自分を理解する意味でも今回は自分のオピニオンを間違っていても良いから出してみようと思いました。

最後に、今回主催してくれた方や参加メンバーそして株式会社メンバーズの原 様・川田 様、貴重な機会を設けていただきありがとうございました!

1件のコメント

カテゴリー: ソーシャルメディア, 思考の整理

相手に対して無意識に壁を作らないシンプルな方法

皆さん、おはようございます。
最近、このブログがきっかけとなりリアルな場で人と出逢う機会が増えました。

海外tech系メディアの翻訳などは語学が堪能とは決して言えないカワダには正直心が折れそうになることもありますが、嬉しいことにリアクションをくださる方々がいるのでやめられなくなりました!

今回のテーマはtech系記事から離れ、「苦手だな」と感じてしまった人との付き合い方について書きたいと思います。

人間やはりどうしても気が合わない人、どうしても共感できない考え方や態度をする人がいるのは仕方のないことだと思います。
ただ、一度自分の中でそのような「好き嫌い」で線引きをしてしまうと相手にも無意識のうちに壁を作ってしまいそれが相手にも伝わってしまいかねないと感じます。

だからと言って付き合うのをやめるわけにはいかない、同じチームとしてやらなければいけない状況に置かれている時の相手との接し方は非常に重要ですよね。

こんな時、皆さんはどのような対応をしていますか?

ここで良く一般的に言われるのが、「相手にも必ず良い部分があるからそれを見つけよう」というものです。
しかし、実際問題として「苦手だな」と思ってしまった人の良い部分を探そうと正直重い腰を上げるのはなかなか気持ちが乗りません。

そこで私が大切だなと思うのが、苦手な相手を「好きになろうとする努力」をいきなりするよりも、まずは「嫌いにならないような方向へと自分の気持ちを持っていく」ことです。

いかに「苦手→普通→良い部分を探して好きになろうとする」という順番にステップを踏む方向へと持っていけるかが肝心だと考えます。

一般的には「苦手→良い部分を探して好きになろうとする」というように、真ん中にある「普通」というステップを中抜きしたアドバイスをする人が多いように感じます。

私は苦手な人に対して、”あえて自分の感情を普通という曖昧な状態にする”ことも有効な手段だと思います。

つまり今回一番伝えたいポイントは、相手を見る時に「好きか嫌いか」ではなく「大好きか普通か」という観点から捉えることで無意識に「嫌い苦手」という雰囲気を相手に伝えてしまうのを少しでも防ぐことができるということです。

もちろん私は、苦手な人でも必ず良い部分はあると思いますし、良い部分を探すことに関しては大賛成です。

ただ、良い部分を無理に探すということはそれだけ自分の気持ちに過度な負担やストレスをかけてしまいかねない上に、さらに相手を嫌いになることも考えられます。
そのような最悪な状態を避けるためにあえて「普通という曖昧な感情」を利用するのもアリなのではないかと思います。

コメントする

カテゴリー: 思考の整理

あなたの「わからない、できない」も武器になる


皆さん、こんばんは!
AKB48の劇場に一度は行ってみないな~と思いつつ、なかなかその一歩が踏み込めないカワダです。

今日のテーマは、まさにその「一歩を踏み出す」です。AKBは話しの前置きでした☆笑
これを選んだ理由は、これからの時代は一歩を踏み出さない、つまり何もやらないことがむしろリスクになると思った私がまさに一歩踏み出している最中だからです。

“自分自身を社会に発信していかなければ大げさではなく社会に存在しないものと同じ”とされる少し恐ろしくかなりエキサイティングな時代は、すぐそこまで来ていると感じます。

まだ一歩を踏み出し始めた私だからこそ、書けることがあるのではという想いからこのテーマに至りました。

話しの流れは≪「わからない、できない」で止まってしまうあなたへ⇒逆転の発想:捉え方を変えてみる≫でいきます。

■「わからない、できない」で止まってしまっているあなたへ
まず話の前提として今回は何かやろうと思っているけれど、いまいち一歩踏み出せない人に向けて書きたいと思います。

「わからない、できない」が自分の頭によぎった瞬間、気持ちが萎えてしまう人って意外と多いのかなって感じます。
きっと過去に成功体験がある人や強烈なインパクトで体がしびれるような経験をした人は、そんな感情は振り切ってしまうのかもしれません。

正直言って、そんな突き抜けてる人の思考や考え方をいくら本で吸収しようとしても逆に自分との差を感じてしまうこともあると思います。

でも、きっと大丈夫です。
何て言ったって、成功者との本をたくさん読みギャップをまざまざと見せつけられどうしたら良いかわからなくなった私が、そこから行動を起こすための糸口を見つけ「やってみよう」と思えるようになったからです。

ポイントは、たった一つ。「捉え方を変える」これだけです。


■逆転の発想:捉え方を変えてみよう

大切なポイントはここからです。

やる気、気合いなどの精神論それだけでは長続きしないことは皆さんもきっとおわかりだと思います。

そんな時、私がふと今の「わからない、できない」自分の状態は捉え方を変えれば、「わからない、できない人の気持ちがわかる」のではと考えました。

つまり、「わからない、できない」状態から「わかる、できる」になるまでのプロセスを自分と同じような境遇の人をターゲットとして共有することで役に立つ価値ある情報を発信できると思ったのです。

私の場合、以前は(そして今も?)「ソーシャルメディアの活用は流行ったら活用する一般の大学生レベル、いろいろと小難しいことはわからないからシンプルに格好良いカタカナ使わずに話してよ~」っていう状態でした。

今の私のターゲットはまさに自分と同じ想いを抱いている人であり、わからない人の気持ちがわかる一般人の感覚を武器に平易な文章でシンプルに伝わるブログを書くというスタンスをとっています。

必ずしも専門性のある知識や情報だけが価値を生み出すとは限らないと思います。
今までは確かにそうだったかもしれませんが、情報過多の社会で「知った気になる」よりも、シンプルで本質を突く考え方&ニッチな情報を持つ一般人にも大いにチャンスを掴める面白い時代になってきたと感じます。

私はブログをやる前、自分には文章で人を惹きつける才能はないから誰も見てくれないと決めて掛かっていました。
しかし、ブログで大切なのは文章力ではないということに気が付きました。
物事の捉え方やコンテンツの設定、そして読者との共感ポイントを何とか見つけようとする姿勢こそ大切であると。

もちろん、自分を表現する方法は想いを歌に乗せてyoutubeにアップ、独自のファッションスナップを掲載などオールOKだと思います。

最後に一言、”私と一緒に皆さんも「わからない、できない」という感覚を逆に活かして情報発信することで自分を表現していきませんか”と伝えたいのです。
きっと自分が思っているより、案外自分って面白い奴なのかも…って感じることができますよ!

■今日の名言
華麗な技をもつ河田は鯛
お前に華麗なんて言葉が似合うと思うか 赤木
お前は鰈だ
泥にまみれろよ
スラムダンク 魚住純

コメントする

カテゴリー: インターネット全般, 思考の整理

「悩む」と「考える」の違い~「悩む」という便利な言葉に潜む無限ループ状態~

皆さん、こんばんは!
なでしこサッカーと世界水泳が終わってしまいなんだか祭りの後の寂しさみたいなものを感じますが、考えてみると今の日本はスポーツによって支えられてるなと感じます。
徐々に日本でも海外のように「娯楽から人々の生活の一部」に変わりつつある気がします。(まだまだな感は否めませんが…)

今日のテーマは「悩む」と「考える」の違いについてです。
これを選んだ理由として「悩んでるんだよ~」という人はたいていの場合「考えることをやめてしまっただけorいきなり解決策をみつけようとする」のどちらかだと感じることが多いからです。

そこで、今回の話しの流れとして「悩んでます」は思考停止のサイン⇒「悩む」と「考える」の違い⇒思考停止の状態をどうやって回避するかの三段階で進めていきたいと思います。

■「悩んでます」は思考停止のサイン
悩んでいる状態から一向に前に進まない、考えがグルグル回るだけ。
皆さんも一度はこのような体験、まさにゲームの無限ループ状態に陥ったことがあるのではないでしょうか?

実は私自身がまさにそうで、大学入りたての頃は問題にぶちあたると「どうしよう。悩むわ」とか結構言ってました。
ただ、「悩む」と「考える」の違いを把握してから≪自分の口から悩むという言葉が出てくる=思考停止になりかけているサイン≫だと捉えることができるようになりました。

■「悩む」と「考える」の違い
「悩む」を辞書で引いてみると、決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、心を痛める。
つまり、まず先に解決策ありきで考えてしまっている状態を指し、はっきりと問題点を把握しないまま前に突き進んでいるというイメージです。

それに対して、「考える」とはまず問題を明確にすることに注力してその後に手順を追って解決策を考えることを指します。
ビジネスではロジカルシンキングと凄く格好良いネーミングで語られていますが、私はそれより大前提をきちっと押さえておくことの方がよっぽど今は重要かと思います。

それでは、一度整理してみましょう!「悩む」と「考える」の順番の違い
「悩む」…①解決策を考える⇒②問題点を把握しようとする⇒③あれっ、そもそも問題って何だっけ?の無限ループ状態

「考える」…①問題点を把握する⇒②優先順位をつけて解決策を考える⇒③論理的かどうか整合性を確かめる

ポイントはまさに、「悩む」と「考える」ではで示した順番が逆であるということです。

■思考停止の状態をどうやって回避するか
この部分に関しては、まだ私は正直答えが出せていません。
ただ、いきなり目の前に大きな問題が見えてきた場合でも小さな具体的な問いを何個も用意して出てきた答えを結びつけることで解決策を考えるように心掛けています。

ex)自分のやりたいことって何だろう?(漠然としていて大きな問題)
・逆に自分がやりたくないことは
・今、社会で起きている問題で自分が関心のあること、疑問に思うことは
・何してる時楽しいと感じるか
・時間を忘れるまで取り組んでいたことがあるか etc

凄くシンプルでそんなこと書かれなくったってわかってるよ!と言われてしまいそうですが、意外と悩むという状態になりかけている時は視野が狭くなり忘れてしまいそうになることもあると思います。

以上まとめると、「悩む」と「考える」の違いをしっかりと把握した上で大きな問題に出くわした時は小さな具体的な問いを立ててシンプルに考えることが大切。
決して、焦って先回りして問題解決から始めると自分の状況を見失うというのが読んでくださった方々と共有できていれば嬉しいです。

「前回よりも今回の方が見やすく、より伝わりやすい文章構成」になるように心掛けていますが、いかがでしょうか?笑

■今日の名言
松下幸之助
青春とは心の若さである。信念と希望にあふれ、勇気にみちて、日に新たな活動を続けるかぎり、青春は永遠にその人のものである。

コメントする

カテゴリー: ビジネス, 思考の整理

リアクション芸人の生き様に学ぶ3つのこと


皆さん、こんばんは。
今日はめちゃゆる~いテーマをくそまじめに書きたいと思います。


突然ですが…『リアクション芸人』ってどう思いますか?
芸がワンパターン、喋るとつまらない、生理的に受け付けないetcなど挙げたらキリがなさそうですねw

ただ、私は彼らが大好きです!特に、出川哲郎・江頭2:50・ダチョウ倶楽部
なぜか先がわかりきっているのに見て笑ってしまう。

ふと、なぜ彼らが激動の芸能界で生き残ってこれたのかと頭をよぎり考えたことがあります。めちゃ暇人(TωT)
その理由を大きく3つに分けてみました。

  1. 芸人の中でもリアクションという今までなかった未開拓のジャンルを切り開いたパイオニア
  2. リアクション芸は緻密に計算されたものでありながら、視聴者には計算と思わせない高度な技術が必要
  3. リアクション芸=チームプレー。決して一人では出来ないことを知っているため、他者への感謝を忘れない人間力の高さ

私は以上の3つのポイントから経営に通ずるものがあるのではないかと感じました。

  1. ブルーオーシャン戦略…限られた市場でライバルと奪い合うのではなく、新しい市場を創り上げていく   企業例:Appleのi-Pod任天堂のwii
  2. 技術力による参入障壁の高さ
  3. 人を動かす

他者を圧倒する突き抜けた存在であり、『リアクション芸』が名刺代わりとなり人に笑ってもらうためには何でもするプロフェッショナリズムには脱帽です。って、俺は何を書いているんだ。。。

今日の名言
松岡修造 「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中であきらめてしまう。」

コメントする

カテゴリー: 思考の整理

思考のバランスを整える~ソーシャルメディアにどっぷり浸かっていませんか?~

皆さん、こんばんは。
何と言っても今の日本人の関心はなでしこジャパンの決勝戦でしょう!
夜が明けて朝の3時35分からテレビ放映ということで、『日出づる国』としては絶好の出陣のタイミングかなとどうしても期待しちゃいます。

今日は「思考のバランスを整える」について書きます。
最近、日本は震災の影響もありソーシャルメディア(TwitterやFacebook)も想定外の形でだいぶ市民権を得てきていると感じます。情報を獲得するツールとしてマスメディアよりもソーシャルメディアを駆使する人も私の周囲を含めて増えてきています。

しかし、ソーシャルメディアは良いことづくしではなくやはり欠点があります。
それが「情報の偏り」です。この点を自分の中で把握してるのかどうかは非常に重要だと思います。

いわゆるメディアリテラシーというやつですかね。(個人的にはメディアリテラシーという万人に伝わりにくいこの言葉が一人歩きしている気がするので好きではありませんが…)

友人や自分の知りたい情報を発信している人だけをフォローして、そこから流れてくるタイムラインを追っかけるというのは確かに効率が良く知識はどんどん積み上がっていきます。
ただ、情報の偏りは思考のバランスを崩し頭でっかちにさせてしまうことを忘れてはならないのではないでしょうか。

それでは、「思考のバランスを整える」ためにはどうしたら良いのでしょうか?
私の考えは判断力を鍛えることで修正を掛けていけると思っています。

判断力は、物事や自分自身の考えを疑ってかかることを繰り返すことで徐々に身に付くものです。

自分の考えに対して、全く正反対の考えをぶつけてみることで自分自身の思考の甘さや新たな発見ができることが良くあります。

さらにもう一点…
信じることと疑うことのバランスにも気を配る必要があります。
何でもかんでも疑って掛かれば良いという訳では決してなく、どちらかの力が強過ぎても弱過ぎてもダメだと思います。

明日のブログは今日書いた内容に関してモロ影響を受けた福沢諭吉の「学問のすすめ」を紹介したいと思います。
それでは、なでしこジャパンから立ち向かう姿勢を学ぶと同時に勝利を願って☆

コメントする

カテゴリー: ソーシャルメディア, 思考の整理