カテゴリー別アーカイブ: 就職活動

営業職を志望する就活生の皆さんへ〜「売り上げ=客数×購入単価」からアピールしたい要素を考える〜


皆さん、おはようございますカワダです。
今回はいつもとテイストが大きく違いますが、ぜひいつか伝えたいなと思っていたことについて書きます。

それは「営業職を志望する就活生に送る、私(カワダ)が就活中に意識していたこと」です。
なぜか私が就活中に意識していたことを、大学のキャリアセンターや就活コンサルタントから聞くことはありませんでした。
なので、少しでも何かの役に立てればというおせっかいな想いから書くことに決めました。

まず、そもそも就活生の皆さんは営業職についてどのような理解をしていますか?
実際に私が友人や後輩に聞いてみると、「なんだか対人関係が辛そう、話が上手い人が採用されそう、ノルマが厳しそう」…という答えが返ってきました。

ただ、この時に私が疑問に感じたことが、これは営業職に対する「理解」ではなく「イメージ」なのではないかということです。
結局、この「イメージ」を「理解」へと変えることが出来ていない人が就活をズルズルとやり続けてしまう傾向が強いと感じます。

つまり営業に対する「理解」、それは営業職が会社から何を求められているのかをしっかりと掘り下げて把握することにあると私は考えています。

■営業職に求めれるもの
これはシンプルに考えて第一に「売り上げを上げる」ことだと思います。
ここまでは就活コンサルタントや就活本にも書いてある内容と同じです。

では次に、売り上げはどのような公式で成り立っているのかを確認してみましょう。
「売り上げ=客数×購入単価」これを頭に入れていない人は意外と多いなと感じています。

更に、より具体的に見てみると
 ○購入客数を上げる=来店客数を上げる or 購入率を上げる
 ○購入客単価を上げる=購入商品単価を上げる or 購入商品点数を上げる

当時就活生だった私は、以上の公式から営業として求められているアピールすべき2つの要素が浮かび上がってくるのではないかと考えました。

それが、
①購入客数を上げられることを示すために、「フットワークの軽さ」を大学時代のゼミ活動の経験を基に証明。
②購入客単価を上げるためにまず欠かせないのが、「人と信頼関係を構築できる」ことだと考え、それを示すために過去のエピソードの中で相手から信頼を得たと一番客観的に面接官に伝わる内容を用意。

この①「フットワークの軽さ」と②「人と信頼関係を構築できる」という軸を自分の中でしっかりと持って、ESや面接を行いました。

もちろん、あらかじめ自分の頭で営業に求められること・必要な能力は考えてあるのでESや面接の中でも多い設問「あなたが考える営業職に求められるものとは?」系は自分の過去の経験に基づいた自分の意見をしっかりと述べることができました。

たまに、「オリジナリティやあなたらしさあっての自己PRですよ!」という人がいますがそれは大嘘です。
あなたらしさは相手が求めているものや職種を理解した上で存分に発揮するものであり、決してその順番を間違えてはいけないと思います。

最後になりましたが、皆さんにぜひメッセージを送らせて下さい。
自己PR含めESや面接で悩み自分を見失いそうになることもあると思います。
ただそこでもう一度立て直せるかどうかは学生時代に「これだけはやり遂げた!」という自信を持っているかにある。そう私は思います。

「これを話して落とされたら仕方ないな」と割り切れる人ほど、就活は上手くいくものです。

そして、ぜひあなたの周りにいる就活を終えた先輩に生の声を聞いてみてください。
ここで大切なのが、「小手先のテクニックを使って多くの内定企業を持つ就活マスター的な先輩」ではなく、「悩んで迷ってもうこれ以上は考えられない、その上で自分の意思を貫いて内定を得た先輩」にお話を聞いてみてください。

もし、弱気になり自分を変に企業側にすり寄せてしまいそうになったら「弱気な自分の小さい背中は蹴り飛ばせ!」と言うためにカワダがあなたのもとへ駆けつけますw

 

広告

コメントする

カテゴリー: 大学生活, 就職活動

「就活生=日経新聞」いつまで続く時代遅れの常識…~グローバルな情報収集のススメ~

皆さん、こんばんは。
今回は私自身、2012年卒の就職活動も終了して少しはこれから就活を控える皆さんに伝えられることがあるのではという想いからカワダが感じたことを書きます。

内容は「グローバル時代における就活生の情報収集」についてです。

まず初めに、そもそも「就活生=日経新聞」という定説みたいなものが存在していることに皆さんは疑問を感じませんか?
皆さんの大学のキャリアセンターや就活コンサルタントの方は「日経新聞に載っている内容をスクラップして…」と教えてくれていると思います。

ちょっとここで一度立ち止まって考えてみましょう。
企業のグローバル化が叫ばれている変革の時代にある現在において、「自分自身はグローバルな視点を持って情報収集を行っているか」と振り返ってみることも大切なのではないでしょうか。

きっと皆さんは会社説明会で求める人物像に「グローバル人材」という言葉をこれから何回も聞くと思います。
私は就職活動を通じて「グローバル人材」とは何も語学が堪能で留学経験がある学生のことだけを指す訳ではなくて、世界に目を向けて世界を相手に戦っていこうとする姿勢が日頃の行動にしっかりと現れている学生かどうかが非常に重要だと感じました。

つまり、企業.業界研究において自分が志望する業界の世界的な動向を押さえておくと、他の学生より一歩踏み込んだESの内容や面接ができる可能性が高くなりグローバルな姿勢をアピールできます。

もちろん、世界の情報を取ったらそれで良いという訳ではありませんし、私の考えを押し付けるために書いている訳ではありません。

ただ、「就活生=日経新聞」という定説はおそらく10年以上も昔の誰かによって作られたものであり現在にはマッチしていないと私個人は考えてます。
ここで私が1番伝えたいことは、これからは「就活生=日経新聞」+海外メディアで「日本×海外」の発想を基にした考え方ができる人に皆でなっていきましょうということです。

もし自分が面接官だとして、業界の動向や自分の会社について日本から、そして海外から見た自分の考えを言える学生がいたら「面白そうだから、一緒にこいつと働いてみたいな」って思えるのではないでしょうか。

以下、私がチェックしている海外メディアサイトなので参考にしていただけると嬉しいです!
CNN http://edition.cnn.com/
CNN Student News http://edition.cnn.com/studentnews/ これは学生向けでPodcastで無料で聞けます。
TIMES http://www.time.com/time/
NEWSWEEK http://www.thedailybeast.com/


最後になりましたが、2012.2013卒で就職活動に取り組む皆さんが「心から納得できる就活」を行えますように…☆

コメントする

カテゴリー: ビジネス, 大学生活, 就職活動