カテゴリー別アーカイブ: 大学生活

営業職を志望する就活生の皆さんへ〜「売り上げ=客数×購入単価」からアピールしたい要素を考える〜


皆さん、おはようございますカワダです。
今回はいつもとテイストが大きく違いますが、ぜひいつか伝えたいなと思っていたことについて書きます。

それは「営業職を志望する就活生に送る、私(カワダ)が就活中に意識していたこと」です。
なぜか私が就活中に意識していたことを、大学のキャリアセンターや就活コンサルタントから聞くことはありませんでした。
なので、少しでも何かの役に立てればというおせっかいな想いから書くことに決めました。

まず、そもそも就活生の皆さんは営業職についてどのような理解をしていますか?
実際に私が友人や後輩に聞いてみると、「なんだか対人関係が辛そう、話が上手い人が採用されそう、ノルマが厳しそう」…という答えが返ってきました。

ただ、この時に私が疑問に感じたことが、これは営業職に対する「理解」ではなく「イメージ」なのではないかということです。
結局、この「イメージ」を「理解」へと変えることが出来ていない人が就活をズルズルとやり続けてしまう傾向が強いと感じます。

つまり営業に対する「理解」、それは営業職が会社から何を求められているのかをしっかりと掘り下げて把握することにあると私は考えています。

■営業職に求めれるもの
これはシンプルに考えて第一に「売り上げを上げる」ことだと思います。
ここまでは就活コンサルタントや就活本にも書いてある内容と同じです。

では次に、売り上げはどのような公式で成り立っているのかを確認してみましょう。
「売り上げ=客数×購入単価」これを頭に入れていない人は意外と多いなと感じています。

更に、より具体的に見てみると
 ○購入客数を上げる=来店客数を上げる or 購入率を上げる
 ○購入客単価を上げる=購入商品単価を上げる or 購入商品点数を上げる

当時就活生だった私は、以上の公式から営業として求められているアピールすべき2つの要素が浮かび上がってくるのではないかと考えました。

それが、
①購入客数を上げられることを示すために、「フットワークの軽さ」を大学時代のゼミ活動の経験を基に証明。
②購入客単価を上げるためにまず欠かせないのが、「人と信頼関係を構築できる」ことだと考え、それを示すために過去のエピソードの中で相手から信頼を得たと一番客観的に面接官に伝わる内容を用意。

この①「フットワークの軽さ」と②「人と信頼関係を構築できる」という軸を自分の中でしっかりと持って、ESや面接を行いました。

もちろん、あらかじめ自分の頭で営業に求められること・必要な能力は考えてあるのでESや面接の中でも多い設問「あなたが考える営業職に求められるものとは?」系は自分の過去の経験に基づいた自分の意見をしっかりと述べることができました。

たまに、「オリジナリティやあなたらしさあっての自己PRですよ!」という人がいますがそれは大嘘です。
あなたらしさは相手が求めているものや職種を理解した上で存分に発揮するものであり、決してその順番を間違えてはいけないと思います。

最後になりましたが、皆さんにぜひメッセージを送らせて下さい。
自己PR含めESや面接で悩み自分を見失いそうになることもあると思います。
ただそこでもう一度立て直せるかどうかは学生時代に「これだけはやり遂げた!」という自信を持っているかにある。そう私は思います。

「これを話して落とされたら仕方ないな」と割り切れる人ほど、就活は上手くいくものです。

そして、ぜひあなたの周りにいる就活を終えた先輩に生の声を聞いてみてください。
ここで大切なのが、「小手先のテクニックを使って多くの内定企業を持つ就活マスター的な先輩」ではなく、「悩んで迷ってもうこれ以上は考えられない、その上で自分の意思を貫いて内定を得た先輩」にお話を聞いてみてください。

もし、弱気になり自分を変に企業側にすり寄せてしまいそうになったら「弱気な自分の小さい背中は蹴り飛ばせ!」と言うためにカワダがあなたのもとへ駆けつけますw

 

コメントする

カテゴリー: 大学生活, 就職活動

「就活生=日経新聞」いつまで続く時代遅れの常識…~グローバルな情報収集のススメ~

皆さん、こんばんは。
今回は私自身、2012年卒の就職活動も終了して少しはこれから就活を控える皆さんに伝えられることがあるのではという想いからカワダが感じたことを書きます。

内容は「グローバル時代における就活生の情報収集」についてです。

まず初めに、そもそも「就活生=日経新聞」という定説みたいなものが存在していることに皆さんは疑問を感じませんか?
皆さんの大学のキャリアセンターや就活コンサルタントの方は「日経新聞に載っている内容をスクラップして…」と教えてくれていると思います。

ちょっとここで一度立ち止まって考えてみましょう。
企業のグローバル化が叫ばれている変革の時代にある現在において、「自分自身はグローバルな視点を持って情報収集を行っているか」と振り返ってみることも大切なのではないでしょうか。

きっと皆さんは会社説明会で求める人物像に「グローバル人材」という言葉をこれから何回も聞くと思います。
私は就職活動を通じて「グローバル人材」とは何も語学が堪能で留学経験がある学生のことだけを指す訳ではなくて、世界に目を向けて世界を相手に戦っていこうとする姿勢が日頃の行動にしっかりと現れている学生かどうかが非常に重要だと感じました。

つまり、企業.業界研究において自分が志望する業界の世界的な動向を押さえておくと、他の学生より一歩踏み込んだESの内容や面接ができる可能性が高くなりグローバルな姿勢をアピールできます。

もちろん、世界の情報を取ったらそれで良いという訳ではありませんし、私の考えを押し付けるために書いている訳ではありません。

ただ、「就活生=日経新聞」という定説はおそらく10年以上も昔の誰かによって作られたものであり現在にはマッチしていないと私個人は考えてます。
ここで私が1番伝えたいことは、これからは「就活生=日経新聞」+海外メディアで「日本×海外」の発想を基にした考え方ができる人に皆でなっていきましょうということです。

もし自分が面接官だとして、業界の動向や自分の会社について日本から、そして海外から見た自分の考えを言える学生がいたら「面白そうだから、一緒にこいつと働いてみたいな」って思えるのではないでしょうか。

以下、私がチェックしている海外メディアサイトなので参考にしていただけると嬉しいです!
CNN http://edition.cnn.com/
CNN Student News http://edition.cnn.com/studentnews/ これは学生向けでPodcastで無料で聞けます。
TIMES http://www.time.com/time/
NEWSWEEK http://www.thedailybeast.com/


最後になりましたが、2012.2013卒で就職活動に取り組む皆さんが「心から納得できる就活」を行えますように…☆

コメントする

カテゴリー: ビジネス, 大学生活, 就職活動

旅×サッカーで体験を共有:「世界一蹴の旅」新しい自遊人という生き方

皆さん、こんばんは。
ブログを書くことで日常の生活にも徐々に変化が生まれ始めているカワダです。(これについては後日書きたいと思います。)

今日ご紹介するのは、自遊人という生き方です。
このテーマを選んだ理由は、①終身雇用という従来の生き方の崩壊②ソーシャルメディアの普及によって、今後「個人の情報発信力」が問われる時代になるという私の考えと自遊人という生き方が非常にリンクすると感じたからです。

まず自遊人についてですが、クローズドな企業内社会で出世する術を身に付けるのではなく、開かれたマーケットで「個」で勝負できるスキルを探求することだと定義されています。

その生き方を実際に提唱して体現していらっしゃるのが、アシシ@4JPN こと村上 敦伺さんとヨモケン@yomoken2002こと四方 健太郎さんのお二人です。
そして、このお二人が書かれた本が「世界一蹴の旅 サッカーワールドカップ出場32カ国周遊記」というタイトルでお二人のプロフィールをAmazonから抜粋しました。(※ご本人にブログ掲載了承済みです)

著者について
2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)を共に現地観戦したアシシ(村上敦伺・1977年生)とヨモケン(四方健太郎・1979年生)。経営コンサルタントとして働く2人は2008年に仕事先の上海で再会、毎週のように飲みに行きながら、今後の人生を語り合った。「W杯に出場する32カ国全てを巡る旅とか、面白そうじゃない?」アイデアは「世界一蹴の旅」という形に結実した。現地レポートはブログ「世界一蹴の旅」(http://ameblo.jp/libero2010/)で更新中。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
村上 敦伺
1977年生まれ、北海道出身。大学卒業後、外資系コンサルティング会社に入社。6年勤めた後、ドイツワールドカップ(W杯)現地観戦を理由に退職し、電撃引退した中田英寿の影響を受け旅人デビュー。2006年から自称「自遊人」として半年仕事・半年旅人のライフスタイルを確立。旅に出ていない間はフリーランスのコンサルタント、ビジネス研修の講師として活躍中

四方 健太郎
1979年生まれ、神奈川県出身。1998年、大学入学直後に日本代表とともに初めてW杯(フランス大会)を体験。2002年、日韓W杯を楽しみ尽くし、同年、外資系コンサルティング会社に入社。2006年のドイツW杯を現地観戦後、同社の中国オフィスへ転籍。現在はフリーランスのコンサルタント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「今日におけるサッカー不人気の現状を打破したい」という問題意識のもとスタートした企画だそうで、自己満足の旅で終わりにするのではなく体験を共有するという根本に流れる想いに多くの人が共感している素晴らしい活動だなぁと感じました。

私がなぜ自遊人に興味を持ったかという理由とその経緯についてですが、現在の日本は従来の働き方の型を見失いどうしたら良いのか迷っていると感じるからです。
そんな中で仕事=目的ではなく、仕事=手段で自由な時間を確保するためという考えのもとに長きに渡り非常に面白く多くの人を惹きつける情報発信をし続けているお二人に注目するようになったのです。

去年の南アフリカW杯、現地の最前線でTwitterからアシシさんが画像付きで観戦状況をつぶやいていたのがきっかけとなり、遠く離れた国でリアルタイムで同じ体験を共有するという私自身本当の意味でTwitterの面白さを味わったといえます。

ここから皆さんに耳より情報です!
そんなアシシさんが、(8月7日夜代々木開催)現地の生の声をたっぷりと届けてくれる「なでしこ観戦旅の帰国報告会」を実施してくれるそうです。
なんと!!!そして今回は、とてつもない質と量のお土産を用意しています!(・∀・)とのことで、こちらも非常に楽しみです。

※ちなみにカワダも参加予定なので、ぜひ行きたい方いたら一緒に行きませんか~?

詳細はこちら⇒http://atsushi2010.com/archives/1062

最後に、私は良い意味で会社には依存しない働き方そして生き方をしたいと特に最近強く思っています。
そのために個として自分を表現できる人になるべくツールとしてブログやソーシャルメディアを始め、何かに特化して共感者を集められるようになるために自分を磨いていくための訓練をしています。

このブログも私の意見をただ一方的に投げ掛けるのではなく、共にソーシャル時代の新しい生き方を考えていこうと思っていただける方々と一緒に成長するためにブログを書くというスタンスでやっていければと思っています。

■今日の名言
専門学校HAL
「ムリだ」と笑うヤツを笑え

コメントする

カテゴリー: 大学生活, 本のレビュー

「死ぬまでコンビ宣言のあの二人」から学んだ大切にしたい想い


皆さん、こんばんは。
遅ればせながら27時間テレビ最後の岡村と矢部の「コンビ愛」には感動してしまいました!
40歳近くになっても心から信頼できる人が居続けるってのは素晴らしいですね。

今日は、超プライベートな内容ですが(興味ない方すみません…)自分が何を大切にしているか確認のために書きたいと思います。
私の中でのコンビとしての相方?をご紹介したいと思います。
と言うのも、つい最近私の高校の友人浅井から送られてきたmixiの紹介文が心に残ったからです。
以下、浅井が紹介するカワダです!

最高の親友っす

あんだけ一緒にいたんだから、ケンカしたり気まずい時期があったかもしれないな。
お互いがお互いをいじりすぎて、うざいときがあったかもしれないな。
お互いのイケメンさや、それぞれ持つ違ったかっこ良さに嫉妬したりもしたかもしれない

でも、卒業式でこいつと握手した瞬間に、3年間を一気に思い出した。
人生で1番泣いたぜ。

おれらはお互いをなかなか誉めたりしないけど、きっとどっかで尊敬し合ってるし、相手が自分を好きなことも知っている

家が近いわけじゃないし、小まめに連絡をとるわけでもないけど、なぜかこの男とはいつも『繋がってる』って思う
おれが生きてる間は絶対に無関心にはなれないな。
お前が借金したら、おれが半分持ってやる
お前は顔の割りにモテないから、もし結婚できなかったらおれのガキを自分のガキだと思ってくれ。

ともとおれ、全て一緒だとは思わない。違った考えもたくさん持ってる。
でも、おれらは同じような感覚を持ってる気がする。それは生きてく上で1番大事な部分な気がする。
倉澤や6Dのやつらから学んだのかもな

正直、ともが死んだらどんだけしょっちゅう墓参りするんだって思う。

誰よりも、仲間の大切さを知ってるこの男…
川田智明の紹介でした

シャイだからみなさんマイミクしてあげてね

P.S. 女の子へ
性格の良さは保証しますが、2人っきりになるとすぐ手を出しちゃう子なので、性欲が少なめな子はあまり深入りしすぎないようにね

P.S.2
この夏はたくさん遊ぼうや

若干恥ずかしい内容もありますが…この文章(性欲とかまで踏み込まれてるw)を読むと、高校生だった頃の記憶が鮮明に蘇ってきます。
私は高校に限らず、大学も含めて人に恵まれてきたんだな~と最近心から思います。

自分には帰れる場所があるからこそ、人生の岐路に立った時あえて大変だけれども学びが多い方を選択することに一切の迷いを持たずに選択できるんだと感じます。

私のプライベートな将来の夢は、「ジジイになって、浅井たちと同じマンションに住んで毎晩酒を飲み交わす」ことです。

高校で大切にしていた「若干暑苦しいぐらいの関係を築ける仲間作り」は大学でも続いています。
それはきっと社会に出てからも続けていく、それこそが持ち味だと信じて自分からぶつかっていく姿勢はこれからも変えたくないと思います。

■今日の名言
明石家さんま
「生きているだけで、まるもうけ」

コメントする

カテゴリー: 大学生活

初ブログ~冷やし中華始めました。    …ブログ始めました!

今日からブログ始めます!

このブログの目的

  1. 自分の考えをしっかりと言語化することで頭の整理
  2. インターネット関連の情報共有
  3. 趣味のファッション関連(ハイブランド中心)の情報を発信

最近の興味はもっぱらソーシャルメディアです。
このツールの台頭によって従来のパワーバランスが変わりつつあると感じます。

情報が一極集中から個人やコミュニティへと移行している時代の転換点。
私は純粋にこの時代を傍観者として見るのではなく、自らが当事者として関わりたいと思った。

その中でもオフラインからオンラインへと人を導くという未だ日本では事例がないことに取り組みたいという想いが強くなっています。

そんな矢先にこの記事には刺激を受けて面白かったです。

韓国人のライフスタイルに合ったサービスであり、実店舗を増やさずに「スーパーをみんなのところへ」というコンセプトが目から鱗でした。

駅がスーパーマーケットに! カンヌを制したTESCOが韓国で仕掛けた秘策とは

コメントする

カテゴリー: 大学生活