カテゴリー別アーカイブ: ブログ

【ご報告とRSS登録のお願い】新ブログ開設に伴いブログを移行します

皆さん、こんばんはカワダです。
この度、新たに独自ドメインを取得して、ブログを始めることにしました。

これも読んでいただける皆さんのおかげで、もっとブログを進化させていきたいなと思えました。
ありがとうございます♪

今後とも何卒宜しくお願いします!新しいブログはこちらです。→「Think Big Think Different!」

広告

コメントする

カテゴリー: ブログ

ユーザーの購入にどの程度オンライン情報が影響を及ぼすかを示したグラフ


皆さん、おはようございますカワダです。

突然ですが、現在レビューなどのオンライン情報がユーザーの購入までのプロセスに与える影響力はどんどん大きくなっています。
今回は、その影響力を1,000人以上の米国成人に行ったコーン社の2011年調査データを基にしたブログ「Bazaarblog」の記事からご紹介したいと思います。

ブログの投稿や消費者レビューは、ユーザーの意思決定を行うにあたりトリガーとなっています。
ソーシャルメディアが普及してインフラとなりつつある今、私個人の意見としてブログの価値が相対的に見て軽視されているのではないかと感じています。

しかし、このグラフを見ていただけるとわかるように2010年から2011年の一年間で最も大きな伸びをみせているのがなんと!「プロダクトとサービスについての記事やブログ投稿」です。

つまり、このデータからソーシャルメディア関連のツールを経由してブログコンテンツをユーザーに届けることの重要性が以前にも増して高まっていると言えるのではないでしょうか。

■購入を検討する上で誰を信用するか
次にグラフはありませんが、「商品やサービスの購入を選択する際にオンライン上では誰を信用しますか?」というアンケートの結果を見ていきます。

最も多かった回答が「ユーザー自身の製品やサービスと実際の経験」(69%)、順番に追っていくと「関連するニッチな専門知識」(60%)となっており、ソーシャルやインタレストグラフを参考にする(11%)とまだまだ自分と趣味志向が似ているインタレストグラフを参考にした購買行動は少ないようです。

■ネガティブ情報のinfluenceが高まっている
オンラインで製品のレコメンド情報を見て購買決定をする上で”ポジティブな情報”を読んでいるかを尋ねたところ、回答者の87%は「Yes」と答えて2010年の数字から7%上昇しています。

興味深いことに、逆の質問として“ネガティブな情報”で購入をやめると回答した人が80%、2010年の数値から12%上昇しています。

つまり、オンライン上でのレコメンド情報に関してプラスの情報はユーザーの購買行動を確かに促進させるものではあるが、同時にマイナスの影響力も高まっていることがわかります。

■リアルな生活ではレコメンド情報も十分とは言えない
レストランでの食事や映画のような低コストの購入のために、回答者の大半(78%)はまだオフラインのクチコミを商品やサービスを検討する上で必要としています。

■オンライン情報が最も価値あるものになる場合
回答者は以下の情報を手に入れる時にほとんど満足してます。
エレクトロニクス、家電製品(60%が便利)、自動車と輸送関連情報(55%が便利)と通信(54%が便利)。
オンライン情報は、本質的にかなり複雑で通常は高価であるものを購入のために検討する際に有用と考えられているようです。

いかがでしたでしょうか?
ソーシャルメディアを筆頭にオンライン情報の中でもネガティブ情報を知ったユーザーが購入をやめる率が高まっていたり、どの商品カテゴリーが影響を受けやすいのかなどを具体的なデータを用いて今一度把握することができたのではないかと思います。

個人的にはユーザーに情報を届けてリーチするツールとしてブログが最大の伸びを見せていることが驚きで、字数の制限無く自由に表現できる場として改めて注目されるのではと思いました。

最後にご報告ですが、タイトルを「Think Big!」に変更しました。
この意味や背景は日を改めて更新したいと思います。

ブロガーとして有益な情報をこれからも発信できるように頑張りますので、ぜひ皆さんの応援宜しく御願いします!

(参照:BazaarBrief: The who and what of purchase influence

1件のコメント

カテゴリー: ソーシャルコマース, ソーシャルメディア, ブログ, マーケティング

玉置沙由里氏が語る「インターネット時代における石油・通貨」とは〜ソーシャルメディアが「人は見た目が9割」を変える?〜

皆さん、こんばんはカワダです。
今回は、昨日”大学生の情報発信力を強化して学び合える関係の構築”を目的とした「ソーシャライズ!自分の旗を立てる」に参加したのでそこでの学びをブログにまとめたいと思います。

当日のソーシャライズ!の講義まとめはこちらです。http://togetter.com/li/180064

講師は現在ライフスタイルクリエイターとしてご活躍されている「玉置さゆり」さんです。(Twitterアカウントは@sayuritamaki
そして、彼女のブログ「女。MGの日記。」は必見です!

まず、私がこの講義を聴いて玉置さんに抱いた印象はまさに「創造的破壊者」と呼ぶにふさわしい方だということです。
彼女の話を聞くと、社会や自分が当たり前としていたものが次々と簡単にハンマーでぶっ壊されますw

ただその中でも彼女の考えは、飛躍した現実離れの話ばかりではないことを根拠をつけて伝えられるからこそ聴き手を惹きつけられるのだと感じることができました。

では、今回話された内容からいくつかピックアップして+玉置さんのブログからも引用した形でご紹介したいと思います。

■知と知がぶつかり合う時代の到来
「国家と企業と個人」というこの三種構造の力関係は今後対等なものになり、国家VS個人という対立が起こることも十分考えられる。
従来は国家>企業>個人であった構造が、今後は国家=企業=個人になる。

この構造を変えて、一番力が弱いとされていた個人を対等な関係まで引き上げるのがまさしくTwitter.Facebook.LinkedInといったソーシャルメディアである。

つまり、個人が情報を発信していくおとは従来よりも格段に重要になってきている。
このことにもうアメリカは気付き始めており、ダボス会議にてパーソナルデータはインターネット時代の石油、通貨」という言葉を残し、パーソナルデータにおいて覇権を握ろうとしていると述べた。

これが彼女が主張する「サイバー領土露出社会」の姿である。

■市場という概念の変化
従来は、市場と言われてまず思い浮かべるのはモノやお金が集まる例えばスーパーやコンビニであった。
しかし、これからこの市場という概念はブログなどのインターネットの文字上へのコミュニケーションへと移行することが考えられる。

玉置さんは「お金という概念が揺らぎだしている:Twitter、Facebook、LinkedIn全て私に取ってみれば市場」という言葉を使ってこれを説明した。

最後に、今後私たちにとって個人が発信していくことがインターネット上に「自分の家そして基地」を持つことに繋がり、そこで築いた信頼を活かして衣食住を調達する経済圏が誕生するだろうと述べた。

■Twitter的思考を何十年も前から既に持ち合わせていた大前研一氏と梅田望夫氏
彼らは本の時代から既に自分の考えをオープンにしており、彼らの凄いところは自分が叩かれることで賢くなることを知っていたから自信のないことも本に書いていたこと。

今は自分が表現したものに対して、TwitterやFacebookでコメントをもらえる時代になっている。

■この講義を通じてカワダが感じたこと
一番印象に残った玉置さんの言葉は、「個人で自分を発信して表現することで今まで既存にある仕事ではなくて、個人にスポットが当てられた仕事が集まってくる」です。

これを玉置さんは「創職時代」と呼んでいますが、私も少なからずこのブログから発信することでまだ仕事には至っていませんが自分の発信する情報に価値を見出だして下さる方がいることを実感しています。

それに加えてこの講義中に思い出したのが、ソーシャルメディアの普及によって”従来型のパーソナルブランディングが変化する”と述べている大元隆志著「ソーシャルメディア実践の書」という本です。

この本の中で「人は見た目が9割」というベストセラーを引き合いに、筆者はこれからは人と出会う前にパーソナルな情報をあらかじめソーシャルメディアを使用して集めると述べています。

ところで皆さん、”メラビアンの法則”をご存知でしょうか?
これは「人が人から受ける第一印象は、視覚情報55%、聴覚情報38%、言語情報7%」であり、このデータからもわかるようにノンバーバルコミュニケーションが全体の93%も占めているというものです。

この前提が崩れ始めているというのを私自身実感しています。
最近では、誰かと会う前にその人のTwitter,Facebookそしてブログを確認した上でお話した方がより会話が弾むケースが多くなり、無意識のうちに第一印象をソーシャルメディアをもとにイメージを形成していることに気が付きました。

私は「人は見た目が9割」という従来の前提が崩れる、つまり「人と出会う前を意識することがこれ以上にも増して重要になる」と考えます。

最後になりますが、ゲストスピーカーの玉置さん、参加者の皆さん、「ソーシャライズ!自分の旗を立てる」運営メンバーの方々ありがとうございました。
次回もぜひ宜しくお願いします!

4件のコメント

カテゴリー: ソーシャルメディア, ブログ, ライフスタイル

センスの良い画像が見つからない…。そんな方へ〜クリエイター投稿型サイトdribbbleのススメ〜

皆さん、こんばんはカワダです。
今回は「いつもブログで使ってる画像ってどこのサイトのもの?」というご質問をいただいたので、ぜひ皆さんとそのサイトを共有できたらと思います。

特にブロガーの方にとってみれば、ブログ内で使用する画像は結構重要なポイントなのにも関わらず日本の画像サイトはいまいちイケてないと感じている方も多いのかなと思います。

そこで私が使用しているのは、「dribbble」というグラフィックデザイン、WEBデザイン、イラストレーターなどの人たちが、自分の作品画像をアップできる海外のSNSサイトです。

具体例として、「Social Media」で検索してみました。

個人的にはかなりクオリティーが高い画像がたくさんアップされているので、このサイトは一見の価値アリ!だと思います。
クオリティーが高く保たれている理由は、投稿できるのが招待された人のみという制限を設けているからです。

サイズは横400px 縦300px(120,000px)以下で、Twitterでの共有や「Like」そしてクリエイターはコメントのフィードバックを受けることが出来ます。

センスの良い画像を使用することは読み手を飽きさせない工夫の一つだと思います。

dribbbleに投稿された画像を眺めているだけでも、自分の中にある(きっとないw)クリエイティブ脳が活性化される感じを味わえます!

コメントする

カテゴリー: インターネット全般, ブログ