少し気が早い2013年に来る3つのマーケティングトレンド


皆さん、こんばんはカワダです。
今回は少し、いやかなり気が早いかもしますが「2013年の3つのマーケティングトレンド-Marketing Trends for 2013 and beyond-」という記事を見つけたので米国から学ぶという意味でもご紹介したいと思います。

■1.ソーシャルエンタープライズ
まず、本題に入る前にソーシャルエンタープライズの定義を「新時代のソーシャルエンタープライズ革命は3ステップ–Dreamforceベニオフ氏」という記事を参考に見ていきたいと思います。

以下の3つのステップを踏んで顧客、製品、従業員それぞれのソーシャルネットワークを統合して、さまざまに分析してビジネスに活かすべきだというのがソーシャルエンタープライズについての考え方です。

①顧客から学ぶためにソーシャルデータベースを構築して顧客のソーシャルプロフィールを作る
②実際に顧客から学ぶために、従業員のソーシャルネットワークを作る
③顧客ソーシャルネットワーク、プロダクト(製品)ソーシャルネットワーク、つまり構築してきたソーシャルネットワークの中に顧客もしくは製品を入れる。

では、本題に入ります。

最近、技術革新について触れる時にテーマとして多く取り挙げるのが独自の社内ソーシャルネットワークを採用する企業であり劇的な増加を確信している。

マイクロソフト・シスコ・Salesforceのような技術プロバイダは既に社内SNSを持っている、または私達が社会的な環境内でスマートに、より効率的に作業をすることを支援するエンタープライズクラスのソリューションに取り組んでいる。

あなたの会社が複数のオフィス、異種の労働力や従業員を多く抱える場合、あなたは今、このための計画プロセスを開始することを考えてみるべきだ。

■2. FacebookやLinkedInなどのソーシャルメディア・ネットワークがコンテンツのホストとなる
成功するためのマーケティングの未来は、ソーシャルメディアと確立されたソーシャルネットワークの手の中にあると考えている。
私たちの顧客は、(全体的に)ソーシャルであり、私たちはソーシャルを必要としている。

自社サイトへのトラフィックは、Facebook・LinkedIn・独自に構築するソーシャルネットワーク上に多くのコンテンツがホストとなることで、減少するだろうと考えている。

これは配信と共有の可能性を強化し、私たちはターゲット層のオーディエンスの仕事と個人の時間をブレンドするプラットフォーム上で影響を与えることができることを意味する。

RubyとJavaベースのアプリケーションの進歩は、それが簡単かつ費用対効果の高いこれらのプラットフォーム上でリッチな、マルチメディアアプリケーションを設計することでユーザーの数百万の範囲の利用を計画している。

■3.さよならE -メール
Facebookの時代が私たちの職場でスタートすると、Eメールなどの従来のコミュニケーションツールの使用は間違いなく減少する。
Eメールの使用は実際に去年、12-54歳までの層で減少しており、55-64歳と65歳以上のグループのみが増加している。

コミュニケーションツールとしてのビデオは、ソーシャルチャンネルによって強くサポートされており今後スタンダードになるだろう。
モバイルネットワークはビデオ通話が備えられ、シスコが販売するすべてのエンドポイントは、2013年末から2015年にすべてのインターネットトラフィックの85%がビデオになると主張している。

これは、ビデオのイベント、ビデオを活用したコラボレートする協力的な働き方の増加を意味する。
さらに、2013年までにすべての携帯電話の約90%をスマートフォンが占めると予測されていて、今後も増え続けることだろう。

Googleウォレットなどの技術革新を組み合わせる位置ベースのマーケティングは、我々は消費者のソースとして、購入および製品の選択肢を確認する方法を変革するようにセットし直される。
それらはまた、大幅にキャンペーンの可視性を改善し、いくつかの例ではスピードアップしてレスポンス率を向上させるだろう。

これらの3つのトレンドは大きくソーシャルメディアに偏っているが、実際に2013年過ぎて伝統的なマーケティングチャネルの成長を誰が心に描くだろうか?
私はまだ、マルチチャネルマ​​ーケティング戦略の一部を形成すべきだと考えている。

それと同時にしかしながら、成長・リーチの範囲・拡散性・ソーシャルメディアの費用対効果と導入は、単に無視できないものでもある。
1日わずか24時間の中で私たちのソーシャルコミュニティの管理が時間のかかる作業であることを時間が経つにつれて知られてきているが、それでもソーシャルメディアを活用せざるを得ない。

最後に考慮すべきことの一つとして…テクノロジー企業を過小評価することはできない。
3つのトレンドやApp Storeはほんの数年前までまだ何であったかさえ知られていなかったが、現在は50万近くアプリがダウンロードされ10万以上のアプリが毎月リリースしている、そしてその数字としてAndroidや他のプラットフォームを含むものではない。

皆さんは、次に来る2013年のマーケティングの未来をどう考えていますか?
2011年現在、Googleウォレットのローンチなどその兆候は明らかに出てきていると思います。

また、ソーシャルビデオについても私個人が興味のあるコマース分野での活用が期待されています。
実際に、世界のラグジュアリーブランドが最大80%OFFで購入できる「ギルト」というサービスでは既に強力なツールとなっています。

ソーシャルビデオに関しては、こちらのブログ「メインストリートの動画配信事業者」が非常に勉強になります。

最後に..私はマーケティングやコマース分野に興味があり、その領域の会社に行くので今後さらに特化した有益なブログが書けるようになりたいと思っています!


(参照:「Marketing Trends for 2013 and beyond」「新時代のソーシャルエンタープライズ革命は3ステップ–Dreamforceベニオフ氏

広告

コメントする

カテゴリー: インターネット全般, ソーシャルメディア, マーケティング, 動画

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中