バス停の看板を有効活用してバイラルを生んだevianのマーケティングに注目!


皆さん、こんばんはカワダです。
皆さんの中でもミネラルウォーターを販売するevian(エビアン)が現在流しているCMを見たことがある方は多いのではないでしょうか?
今回はそのevianのマーケティング手法が興味深かったのでご紹介したいと思います。

内容は、”赤ちゃんがローラースケートでブレイクダンスする”というものでYouTubeにアップされた動画「Evian Roller Babies」では4600万以上のビューを記録しています。

これはバイラルを生むために初めから狙ったコンテンツだと想像できる作り込みですね。

YouTubeの専用ページにアップされた動画がバイラルを起こしたevianは、アメリカで広告シリーズとして展開することによってブランドの認知度向上に繋げました。

そこで次にevianが新たにバイラルを起こす場所として選んだのが、バス停の看板です。

個人的にはバス停の停留所でプロモーションを打つというevianの着眼点が素晴らしいと感じました。

確かに、バスを待っている時間は意外と暇でやることもなく、その間にどこかに行こうかな〜と思ってもバスがいつ来るかわからないので結局バス停を離れられないという経験をしたことがある人も多いと思います。

そんな時に、このタッチパネルに触れると画面上でCMなどで見覚えのある赤ちゃんが踊り出したらちょっとした暇つぶしになりますよね!

私がこのevianの事例から学んだのは、コストがあまり掛からないオンライン上でキャンペーンを行いトライ&エラーを繰り返し、その中で成功したものをシリーズ化してオフラインのリアルな環境で展開することでハズレを減らし一貫したキャンペーンができるということです。

また、ただ面白いだけでなく“バス停の待ち時間が非常に退屈である”という課題を解決している点もしっかりと押さえておきたいところです。

最後に..おまけとして、過去にも”赤ちゃんがダンスをする”というコンセプトのキャラクターがいたのを覚えているでしょうか?
そう!「ダンシングベイビー」です。これまるっきり、どっちかがパク◯な気がするw

広告

コメントする

カテゴリー: ビジネス, マーケティング, 動画

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中