あなたのコンテンツがソーシャルネットワーク上でシェアされない9つの理由

皆さん、こんばんはカワダです。
今回は「シェア」というキーワードにスポットを当てて、なおかつ”コンテンツがシェアされない理由”という本質的で深い部分について自分自身も勉強したかったので、それをブログに書きました。

記事から大切な部分を翻訳して、+自分の補足説明も加えています。
(参照:9 Reasons Why Your Content Is Not Shared on Social Networks: New Research

「シェアの科学」

1ヶ月に30億個のブログ投稿、リンク、ニュース記事や写真アルバムを含むコンテンツがFacebookで共有されている。
HubSpotのDan Zarrellaは三つのことがあなたのコンテンツがシェアされるために起こる必要があることを発見した。

最初に、人々があなたのコンテンツにさらされる必要があるということ(Facebook上のファンであるか、またはTwitterであなたをフォロー)。
第二に、彼らはあなたのコンテンツを気に掛けておく必要があります(彼らが実際にコンテンツを見ているという意味)。
最後に、彼らはそれを共有させるには、コンテンツの中に何か動機となるものが必要である。

■1.顧客はあなたを信頼していない
彼らはあなたやあなたのコンテンツが信頼できるとわからなければ、コンテンツを共有することはない。
2011年エデルマントラストバロメータは、わずか56%の人々しかビジネスを信頼していないことがわかった。

しかし、米国、英国と日本では、その数は2010年から2011年の間にかけてさらに大幅に下落した。

key point:信頼関係を構築するには、Guy Kawasaki氏いわく最初のステップは信頼することだという。
その他の推奨事項は、否定的なコメントを恐れずに正直でオープンな公共の対話へと導くことである。

■2.顧客はあなたのブランドを気にしていない
それを聞くのは耳が痛い話ではあるが、顧客の記憶は短い。

彼らは“あなたは最近私のために何をしてくれたのか?”と考える。
顧客は貴重な情報、自分たちの興味を共有する他の人に会う機会を探している。

あなたがこれらの事を提供するのをやめてしまうとすぐに、あなたのファンは他の場所を探しにどこかへ行ってしまう。
彼らはあなたのブランドへのこだわりが感じられないかもしれないが、あなたのコンテンツで興味を維持することが可能である。

key point:オーディエンスはあなたからの情報と彼らにコンテンツを与え続けているかという観点から価値を決定する。
実際にそれを実行することで、彼らの期待を超える。

■3.あなたの投稿が退屈なものである
“退屈させるな”、とFacebookのコミュニティマネージャーAndrea Vahlは述べている。
人々は、彼らの興味をそそるか面白い発見を共有する可能性が非常に高い。

ここでフォルクスワーゲンのビデオのケースを見てみよう。

彼らのカンヌ受賞のエピソード、スターウォーズのパロディームービーは40万ビューを獲得した。
彼らの従来の他のどのビデオも伝統的なマーケティングの内容であり、1万ビュー近くには達することはなかった。

この事例はシェアのパワーにおいて相対的な違いが見える。

key point:人々はユーモアを共有することを愛している。
あなたの投稿のいくつかにユーモアと楽しさをもたらすための方法を見つけるためにクリエイティブなものをいくつかを取得しなさい。

■4.人はブランドよりも原因について気にする
ニューヨークタイムズ紙は、人々は彼らが情熱をもった何かについてシェアする可能性が高いことを発見した。
人は今日、XYZブランドのために何ができるかという疑問にめったに目を向けない。

しかし、彼らは自分の好きな原因を支援する方法を夢見ます。

それは、貧困を終わらすようなもの、グリーンピース(世界的な環境保護団体)を支持するか、ローカル慈善事業を推進しているかどうか、多くの人々は、彼らが気になる物事に対して手助けをする。

あなたのブランドまたは製品より何か大きなものの一部であることに人は興奮を覚える。

key point:あなたの人間的側面を表す。
ファンにエキサイティングな内容を知らせると、あなたにコンテンツを広めるのを手助けする機会を与えてくれる。

■5.人は他人と関係を構築するためにシェアをする
調査は必ずしもブランドではなく、他の人との関係に価値を見出だすことを示している。

彼らは間違いなくコミュニティを探している。
あなたのブランドは、そのコミュニティのためのプラットフォームを形成できる可能性がある。

ここにニューヨークタイムズの調査から二つの興味深い似た事実がある。
・回答者の78%が連絡を取り合っていない人と繋がりを維持するためにリンクを開いている。
・回答者の73%が、コンテンツをシェアすることは共通の興味を持った人を探すための手伝いをしてくれると述べた。

レッドブルは、彼らのファンが自分の友人と共有して喜んでもらえるコンテンツを投稿している。

key point:自分の投稿と誰かが友人とコンテンツを共有するかもしれない理由を尋ねることで評価を下す。

■6.顧客は検証を求めている
私たちは、すべての人の目に対して信頼性を構築しようとしており、いくつかのエリア(複数可)の専門家として見られるようにしたい。
そこで私たちがそれをオンラインで行う方法は、コンテンツを共有することです。

ニューヨークタイムズの研究参加者の68%は、彼らが自分自身のための広告としてのコンテンツを共有している。

彼らはよりよい感覚を他の人に与えたいと思っている。

key point:高い価値のあるコンテンツとあなたのファンに情報へアクセスさせるリンクをシェアすることは、彼らの友人は良いコンテンツを見ることが可能になる。
あなたのファンに何を知りたいのかを尋ねよ。

■7.人は情報を整理するためにシェアする
あなたは”声に出すことで考えをアウトプットしている”というのを聞いたことがあるだろう。
今日では多くの人々がソーシャルメディアを介して考えをアウトプットしている。

実際、研究参加者の73%は彼らが共有するときに彼らは徹底的にして思慮深く、より深く情報を処理すると述べた。

さらに、回答者の85%が他の人の反応を読むのが、それらの情報とイベントを理解し処理に役立つと述べた。

最もコメントをもらえる単語は「giveaway-景品-」である。

key point:あなたのコンテンツを共有する人々は彼らの思考を統合化させるためにコンテンツを使用する可能性がある。
彼らにいくつかの新しい考えさせられる内容を与えるために、コメントを引き出すことを忘れないように確認する。

■8.あなたはオーディエンスを誤解している
もしも非常に長い間マーケティングに携わっている場合、あなたはマーケティングの「ペルソナの概念」を理解しているだろう。
このアイデアは20年前から出回っており、あなたの理想的で詳細な顧客像を作成することで顧客プロファイルを理解することを提唱している。

ニューヨークタイムズの調査ではオンライン上のファンに6つの共有ペルソナがあることを見つけ、新たに私の経験とオーディエンスに基づいて7つめをリストアップした。
あなたの顧客を理解しておくと、共通の動機を特定するのに役立つ。
AltruistsーAltruistsは役立ちたいという願望からコンテンツを共有し、信頼できる情報源として見られることを熱望する。
推奨ツール:Facebook、e-mail

Careerists- Careeristsは高学歴であり、そのネットワークに価値をもたらすための評判を得ることを目指している。
彼らはより深く専門的なコンテンツを好む。
推奨ツール:LinkedIn、e-mail

Hipsters – Hipstersは、”情報化時代”に生きる共有が根付いた若者のことである。
彼らは、TwitterとFacebookで最先端とクリエイティブなコンテンツを共有するために使用して、オンラインでのアイデンティティを構築するためにコンテンツを共有する。
推奨ツール:Facebook、Twitter

Boomerangs – Boomerangsは検証を求め、それが否定的な反応な場合でも、他人の反応を糧にするタイプである。
推奨ツール:Facebook、e-mail、Twitter、ブログ

Connectors-Connectorsは他の人との繋がりや計画を立てる手段として、コンテンツの共有する。
彼らは共有のパターンは他のタイプと比べても緩やかである。
推奨ツール:Facebook、e-mail

Selectives- Selectivesは、彼らが共有するものや相手で、より思慮深くタイプである。
彼らは共有をパーソナライズ化して、そのコンテンツへの応答を期待する。
推奨ツール:e-mail

これはNYタイムズの研究には基づいていないが、私はリスト7番目に新たなペルソナを追加したいと思う。

Trendsetters-Trendsettersはマーケティング担当者と意図的に迅速かつ積極的にそれを共有し、最新ニュースや業界の動向を常に把握するようなビジネスリーダーです。

これらの人々は通常、専門家(またはそのように見られることを熱望する)である。
推奨ツール:Twitter、Facebook、LinkedIn

key point:あなたがリーチしたいタイプの層を知って、それぞれのプラットフォーム用にコンテンツ共有の戦略を考える。

■9.e-mailを使うことはよりパーソナルなものである
研究の著者は、人々がe-mailを使うことを放棄していないことを発見した。
実際には、参加者はe-mailを介して最も頻繁に共有し、プライベートを検討している。

したがって、彼らはe-mailを通じての応答に高い期待を持っている。

key point:ソーシャルメディアでもメールの戦略を統合することを忘れないこと。

コンテンツ作成の中で最も見過ごされやすいルールの一つが、シンプルなルールにある。

それは短い記事(Facebook上の80文字)がシェアされるコンテンツの27%を占めており、5行で理解レベルを抑えた文章のスタイルをキープすることである。

あなたの文章で切迫感を演出することで、顧客に今レスポンスする理由を与える。
彼らはすぐに行動しない場合、それからも恐らく決して行動に移さないだろう。

最後に、コンテンツで共有を得ることがファン構築の最初の一歩であることを忘れずに。

いかがでしたでしょうか?

やはり7つのペルソナの最後のTrendsetters(トレンドセッターズ)日本ではインフルエンサーと置き換えることができると思いますが、いかにこの層に響くコンテンツを提供してシェアしてもらえるかが最も重要だと感じています。

インフルエンサーはその業界では個人メディア化しており、彼らの影響力は業界の専門メディアサイトよりも大きくなりつつあります。

また次に投稿の文字数に関してですが、人気Facebookページを見るとウォールの投稿では日本語の場合80文字よりもさらに少ない場合も結構あるなと感じました。

これはブログのタイトルづけにも関連して言えることですが、個人的に意識しているのは、まずリンクをクリックしてコンテンツを見てもらうために「読み手があなたの投稿を見て、書いてある内容の全体像が浮かぶ文を作る」ことが大切だと思います。

広告

コメントする

カテゴリー: インターネット全般, ソーシャルメディア, ビジネス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中