インフォグラフィックスから読み取るソーシャル新時代のゲーマーの姿とは

皆さん、こんにちはカワダです。
今回はゲーム業界の興味深いインフォグラフィックスを発見したのでご紹介します。
(参照:Gamers Today Are More Social Than You’d Think

まず、初めに前提として記事ではソーシャル化したゲーマーを「The New Gamer 」だと述べています。

このインフォグラフィックスは、15から54歳までのゲーム愛好家でスマートフォン所有者290人に行ったWeb調査を基にしたものです。

そこで注目した点としては、1枚目の右側にある「ゲームをするモチベーションは何か-Motivations for Gaming」という項目では、新しい人に会えるが56%でパーソナルなゴールを目指すが46%であることです。

データからも新時代のゲーマーは、個人でプレイするよりも人との結びつきを感じながらゲームをすることにモチベーションを感じていることがわかります。

画像の拡大版はこちらです。

次に2つめは、「将来どのようなゲームがあったら興味を持ちますか-How Would You Like to Interact with Games in the Future?-」です。

ランキングは、①モーションコントロールゲーム(MicrosoftのKinectのようなもの)②自分の興味があるものを伝えてオンラインで登録ができるゲーム③デジタルのバーチャルゲームとなっています。

最後に3つめは、「欲しいゲーム機能は何ですか-Where Would You Like to See More Games Applied?-」です。
ランキングは、①学習&教育,②健康促進,③ソーシャルコミュニティという順番になっています。

今後、ソーシャル化したゲーマーはオンライン上で仲間と楽しみながら自己研鑽をして、共に競いながら体を鍛える時代になるのでしょうか。
それだったら、「学びながら体を鍛えられるゲーム」があればユーザーのニーズを最も満たすことができる最強なゲームな気がします…w

個人的にアメリカらしいなと感じたのが、ランキングでは一番低いですが「政治,市民参加型×ゲーム」の機能を望む人が33%もいることです。
日本でアンケート調査を取っても恐らくこのようなデータにはならず、政治とゲームを組み合わせるという発想はなかなか生まれてこないと思います。

ここから改めて世界に目を向けて情報をキャッチアップすることがいかに大切かを学ぶことができました。
世界に向けた「政治,市民参加型×ゲーム」という分野は未開拓で非常に面白いのではないでしょうか?

広告

コメントする

カテゴリー: インターネット全般, ソーシャルメディア, ビジネス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中