旅×サッカーで体験を共有:「世界一蹴の旅」新しい自遊人という生き方

皆さん、こんばんは。
ブログを書くことで日常の生活にも徐々に変化が生まれ始めているカワダです。(これについては後日書きたいと思います。)

今日ご紹介するのは、自遊人という生き方です。
このテーマを選んだ理由は、①終身雇用という従来の生き方の崩壊②ソーシャルメディアの普及によって、今後「個人の情報発信力」が問われる時代になるという私の考えと自遊人という生き方が非常にリンクすると感じたからです。

まず自遊人についてですが、クローズドな企業内社会で出世する術を身に付けるのではなく、開かれたマーケットで「個」で勝負できるスキルを探求することだと定義されています。

その生き方を実際に提唱して体現していらっしゃるのが、アシシ@4JPN こと村上 敦伺さんとヨモケン@yomoken2002こと四方 健太郎さんのお二人です。
そして、このお二人が書かれた本が「世界一蹴の旅 サッカーワールドカップ出場32カ国周遊記」というタイトルでお二人のプロフィールをAmazonから抜粋しました。(※ご本人にブログ掲載了承済みです)

著者について
2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)を共に現地観戦したアシシ(村上敦伺・1977年生)とヨモケン(四方健太郎・1979年生)。経営コンサルタントとして働く2人は2008年に仕事先の上海で再会、毎週のように飲みに行きながら、今後の人生を語り合った。「W杯に出場する32カ国全てを巡る旅とか、面白そうじゃない?」アイデアは「世界一蹴の旅」という形に結実した。現地レポートはブログ「世界一蹴の旅」(http://ameblo.jp/libero2010/)で更新中。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
村上 敦伺
1977年生まれ、北海道出身。大学卒業後、外資系コンサルティング会社に入社。6年勤めた後、ドイツワールドカップ(W杯)現地観戦を理由に退職し、電撃引退した中田英寿の影響を受け旅人デビュー。2006年から自称「自遊人」として半年仕事・半年旅人のライフスタイルを確立。旅に出ていない間はフリーランスのコンサルタント、ビジネス研修の講師として活躍中

四方 健太郎
1979年生まれ、神奈川県出身。1998年、大学入学直後に日本代表とともに初めてW杯(フランス大会)を体験。2002年、日韓W杯を楽しみ尽くし、同年、外資系コンサルティング会社に入社。2006年のドイツW杯を現地観戦後、同社の中国オフィスへ転籍。現在はフリーランスのコンサルタント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「今日におけるサッカー不人気の現状を打破したい」という問題意識のもとスタートした企画だそうで、自己満足の旅で終わりにするのではなく体験を共有するという根本に流れる想いに多くの人が共感している素晴らしい活動だなぁと感じました。

私がなぜ自遊人に興味を持ったかという理由とその経緯についてですが、現在の日本は従来の働き方の型を見失いどうしたら良いのか迷っていると感じるからです。
そんな中で仕事=目的ではなく、仕事=手段で自由な時間を確保するためという考えのもとに長きに渡り非常に面白く多くの人を惹きつける情報発信をし続けているお二人に注目するようになったのです。

去年の南アフリカW杯、現地の最前線でTwitterからアシシさんが画像付きで観戦状況をつぶやいていたのがきっかけとなり、遠く離れた国でリアルタイムで同じ体験を共有するという私自身本当の意味でTwitterの面白さを味わったといえます。

ここから皆さんに耳より情報です!
そんなアシシさんが、(8月7日夜代々木開催)現地の生の声をたっぷりと届けてくれる「なでしこ観戦旅の帰国報告会」を実施してくれるそうです。
なんと!!!そして今回は、とてつもない質と量のお土産を用意しています!(・∀・)とのことで、こちらも非常に楽しみです。

※ちなみにカワダも参加予定なので、ぜひ行きたい方いたら一緒に行きませんか~?

詳細はこちら⇒http://atsushi2010.com/archives/1062

最後に、私は良い意味で会社には依存しない働き方そして生き方をしたいと特に最近強く思っています。
そのために個として自分を表現できる人になるべくツールとしてブログやソーシャルメディアを始め、何かに特化して共感者を集められるようになるために自分を磨いていくための訓練をしています。

このブログも私の意見をただ一方的に投げ掛けるのではなく、共にソーシャル時代の新しい生き方を考えていこうと思っていただける方々と一緒に成長するためにブログを書くというスタンスでやっていければと思っています。

■今日の名言
専門学校HAL
「ムリだ」と笑うヤツを笑え

広告

コメントする

カテゴリー: 大学生活, 本のレビュー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中